新しい視力回復法「オサート」は、今各種メディアで大変注目を浴びています。いったいどのような方法で治療するのでしょうか。オサートは、寝ている間に特別なコンタクトレンズを装着する事で、昼間は裸眼でも過ごせるようになるという画期的な視力回復の治療方法の「オルソケラトロジー」がさらに進化したものです。


視力回復と言えば、これまでレーシックが主で、レーシックは目にレーザーを当てるため恐怖心がありますし、小さな子供や老人には向かない方法でした。しかし、オサートは手術の必要がなく、小さな子供から老人まで幅広く治療をする事ができる新しい視力回復法です。


オサートの元である従来のオルソケラトロジーは、矯正用コンタクトレンズを夜間の睡眠時に装着する事で角膜を凹レンズ化し、昼間はレンズを外していても視力を維持できるという方法です。従来型のオルソケラトロジーでは、重度の近視、乱視、遠視や円錐角膜、角膜移植眼には対応できませんでしたが、オサートは完全に一人一人の角膜形状に合わせたカスタムメイドの自分専用レンズですので、オルソケラトロジーの限界を超えた新しい視力回復の治療法なのです。


オサートによる視力回復の治療ができるのは、現在日本では三井メディカルクリニックだけなので、興味のある方は、HPを覗いてみると良いでしょう。

オサートが2000年に日本に導入されて以来、今では5000人以上の人の人がこの視力回復の治療を受けていると言われています。オルソケラトロジーは、寝ている間に専用のコンタクトレンズを装着する事で視力回復をさせる治療法ですが、オサートはさらにその技術が改善されたものです。


オサート・オルソケラトロジーによる視力回復法のメリットは、これまでのレーシックのように手術する必要がないため、合併症等の心配がありません。また、レーシックは小さな子供や老眼の始まった人のように視力の低下が進行している人には不向きですが、オサートは子供から老人まで治療が受けられ、視力回復の実績もあります。


オルソケラトロジーが改善され進化したオサートの最大のメリットは、従来のオルソケラトロジーでは視力回復が望めなかった重度の近視や乱視、遠視、老眼にも効果があるということです。また、レーザー手術が適さない円錐角膜のような形状の角膜にも対応できるのは、オサートがオルソケラトロジーと違い患者さん一人一人に合わせてオーダーメイドのレンズをデザインしており、視力回復の高い効果と安全性が得られるようになったからです。


しかしながら、オサートに向かないタイプの人も多少はいるようで、例えば強度のドライアイやアレルギー体質の人は、事前に検査をして、オサートによる視力回復治療がうけられるかどうかを調べる必要があるでしょう。

オサートによる視力回復治療を受ける際は、まず初診でテストレンズを装着しその効果や装用感を確かめたり、詳しい検査を受けてこの治療が受けられるかどうかを調べたりします。オサートは矯正用のコンタクトレンズをステップアップして作成していくため、従来のオルソケラトロジーでは難しかった重度の近視や乱視、遠視の人にも対応でき、視力回復が望めるようになりました。


オサートによる視力回復治療は、完全オーダーメイドのコンタクトレンズを作成し、装着してから間もない頃は1、2ヶ月に1度程度の通院、半年後は6ヶ月~1年ごとに定期検査が必要です。オサートは、強度の近視の場合2、3ヶ月でレンズを変更してステップアップしていくため、定期的な通院が必要ですし、軽度の近視でも視力回復の効果と安全性をその都度確認する事が大切となり、通院が必要です。


オサートは、夜寝ているときにコンタクトを装着するだけの画期的な視力回復法ですが、寝相や睡眠時間はその効果に大きな影響を与えます。上を向いて、できるだけ寝返り等をしないのが一番良い方法です。


また、オサートによる治療を開始したらレンズの装着はずっと必要となり、止めてしまうと凹レンズ化された角膜が元に戻り、昼間の視力回復は望めません。この視力回復方法は続けていく事で、昼間はメガネやコンタクトの要らない生活が送れるのですから、オサートレンズの着用は忘れてはいけません。

日本は近視の人口が非常に多い国です。それゆえオサートによる視力回復の治療が短期間にこれほどまでメディアに取り上げられ注目されているのですね、。オサートは、小さな子供でも受けられる視力回復の治療方法で、昼間にメガネやコンタクトをする必要がないため、スポーツ選手には利用している人が多いそうです。


オサートは、夜寝る時に矯正用のコンタクトレンズをする事により、角膜を凹レンズ化して視力回復され、昼間は裸眼で過ごせるというものです。そのコンタクトレンズが、オサートの場合はオルソケラトロジーと違い、従来型のレンズでは視力回復が難しかったタイプにも対応できる完全オーダーメイドで対応します。


オサートの矯正用コンタクトレンズは、片目27万円~、両目では38万円~となっており、オルソケラジーの場合はこれより10~15万円安く抑えられます。


現在日本では三井メディカルクリニックだけで、オサートによる視力回復の治療が受けられます。視力回復手術を希望するならこちらで開かれている無料説明会に参加してみるといいでしょう。三井メディカルクリニックでは、初診でオサートのテストレンズを装着し、視力回復の効果を調べたり、眼圧、角膜、涙などの調査や、治療の効果と安全性を確認するための検査をし、2500円程度必要です。その結果を踏まえて十分検討し、オサートの視力回復治療を申し込む事になります。

もともと近視の視力回復の治療として開発された従来型のオルソケラトロジーですが、日本においては重度の近視や乱視の人があまりにも多く、これらの人にも効果をもたらすよう技術が改善されたのがオサートです。


日本では三井メディカルクリニックがオサートによる視力回復治療を2000年にスタートしました。三井メディカルクリニックはオサートの治療開始以来、5000人以上の視力回復に貢献してきたそうです。オサートの治療を三井メディカルクリニックで受けた5000人以上もの患者さんの診療実績を元に、日本人の角膜形状を分析し、改良を重ねた結果、レンズデザインを段階的にステップアップしていく事で重度の近視の人でも最終的には1.5程度まで視力回復ができるようになりました。


三井メディカルクリニックでは、さらに近視治療としての従来型オルソケラトロジーの壁を越え、オサートによる遠視や老眼に対しての視力回復治療も行っています。この遠視や老眼に対する視力回復治療は、世界にも成功例がほとんどない希少価値の高い治療であり、オサートの権威・三井メディカルクリニックと言われるようになった理由はそこにあるのでしょう。


三井メディカルクリニックでは、4歳から80歳までの幅広い年齢の人が、オサートによる治療を受け、視力回復の効果を得ています。最近ではテレビや雑誌でもたびたび登場し、オサートによる視力回復治療がいかに注目されているのかが分かります。

カテゴリ

月別アーカイブ

DESIGNED BY